抜毛や薄毛の原因にはいろいろなものがありますが、頭皮環境が悪化することも原因の一つと言われています。頭皮環境が悪化するというのは、例えば強すぎる洗浄力のシャンプーを使うことで肌が乾燥したり、シャンプー後にしっかり頭皮を乾かさないために頭皮が蒸れて雑菌の温床になってしまうなど、普段の生活で意識していない部分にもトラブルの原因はたくさん潜んでいます。特に、シャンプー後にドライヤーをすることは、髪が乾燥してしまうから嫌だという人はとても多いのですが、乾かすのは髪ではなく頭皮。頭皮をシッカリ乾かしてあげることによって、理想的な頭皮環境へと近づくことがデキ、薄毛や抜毛などのトラブルも起こりにくくなります。

 

そんな頭皮環境改善効果が期待出来るドライヤーとして誕生したのが、遠赤外線によって頭皮をしっかりと乾かすことができるスカルプドライヤーです。美容家電を多くラインナップしているヤーマンから製造販売されたもので、ドライヤーの先には振動ブラシがついていて、頭皮を乾かしながら振動機能でマッサージ効果が期待できます。また、ドライヤーから送られてくる風は低温なので、髪が傷んだり乾燥してしまう心配もありません。演繹外線が搭載されているドライヤーなので、毎日のお手入れで少しずつ確実に頭皮の環境が改善できます。

 

スカルプドライヤーの使い方は、他のドライヤーとは大きく異なります。一般的なドライヤーだと、髪からけっこう距離を置いた場所から熱風を送って頭皮や髪を乾かしていきますよね。しかしスカルプドライヤーの場合には、頭皮にドライヤーのブラシ部分を直接当てて、頭皮を中心にしっかりと乾かしていきます。ブラシはブルブルと振動するわけですが、髪にダメージを与える心配はないので安心です。また、女性の場合にはブラシの突起部分が長い方が髪がもつれにくく効率的に使用できるため、ネットショップ限定ですが突起が長めのコームヘッドもラインナップされています。

 

ヤーマン・スカルプドライヤー公式サイトはこちら