「あれ、最近、おでこが広くなったような気がするけど・・」
「僕のおでこってM字だったっけ??」
など、髪の生え際の微妙な変化に気づいたら、もしかしたらそれは生え際部分の髪が薄くなっているのかもしれません。生え際の抜け毛や薄毛、髪の後退を予防するには、生え際という特定の場所に効果的な育毛剤を選んで使用することが必要です。

 

生え際は、髪としてもシャンプーなどによって刺激を受けやすい部分ですし、顔の一部としても、洗顔などで刺激を受けやすい場所。つまり、ダブルで刺激を受けているので、頭皮の中ではかなり過酷な環境にいると言っても過言ではありません。そんな生え際に効果的な育毛剤を選ぶ際には、次の点に気を付けながら選びたいですね。

 

■抜け毛を止める効果がある
生え際で薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが原因となっていることが多いようです。男性ホルモンが大量に分泌されていると、発毛を促進する毛乳頭にマイナスの影響を与えてしまい、髪が生えにくくなってしまいます。

 

■毛乳頭を活性化することで発毛効果があること
毛乳頭を活性化できる成分がたっぷり配合されていることも、育毛剤を選ぶ際には大切です。毛髪細胞にリズミカルな発毛サイクルを記憶させることで、自然に髪が作られやすい頭皮環境へと改善されていきます。

 

■発毛しやすい皮膚環境を作れること
髪が生えている部分の皮膚細胞が弱っていたり死んでいたりすると、そこから髪は生えてきません。育毛効果を期待するなら、髪が生えやすい土台を作れるような皮膚環境が必要となります。

 

こうした条件を満たす育毛剤には「BUBKAスカルプケアシャンプー」、「発毛育毛ミスト[M-1]
」、「薬用ポリピュアEX」などがあります。これらのドラッグストアやネットショップでは大人気ですし、脱毛の原因をストップさせて髪が生えやすい環境を整えてくれるので、確実に生え際の髪が増えるはずです。薬用タイプの育毛剤は、価格が少し高いような気もしますが、育毛サロンに通うことを考えれば、試してみる価値はあると思いますよ。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!