人間は、年齢を重ねるごとに少しずつ老化現象が起き始め、アラフォーと呼ばれる40代に入ると、体内のホルモンバランスなどが一気に崩れてしまうため、髪が少なくなったり薄くなったり、いろいろな影響が出てくることも少なくありません。

 

30代や40代の頃には、仕事や人間関係などで慢性的に疲れていることも多いですし、いつもストレスにまみれていて、ストレス解消の方法すら知らないままストレスがどんどん蓄積されていくことも多いですよね。また、睡眠不足など生活の規則が乱れてしまったり、外食が多区栄養バランスが崩れてしまうことも、薄毛や抜け毛に影響してしまいます。

 

しかし、40代はそれだけではありません。体内の老化現象によって、30代後半あたりから男性ホルモンの一つでもあるテストステロンという成分が体内で少しずつ少なくなってしまいます。このホルモンは髪の発毛や育毛と大きな関係があるため、テストステロンが減少することによって、髪も生えにくくなったり、抜けやすくなったり弱くなったり、いろいろマイナスの影響を受けやすくなってしまうわけですね。

 

こうした理由による40代からの薄毛は、加齢による老化現象ということもあれば、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれることもあります。加齢による老化現象の場合には、男性ホルモンの分泌を活性化する努力をするぐらいしか髪を取り戻す方法はありませんが、男性型脱毛症が疑われる場合には、皮膚科で治療を受けることも可能です。皮膚科で処方してもらえる男性型脱毛症の薬には、飲み薬、髪が気になる部分に直接塗るタイプのものがあり、どちらも処方してもらうことができます。

 

髪が薄くなりやすいことが最初から分かっている年齢になったら、できるだけ毎日の生活や食生活の中で、髪が薄くなりやすい原因を一つずつ取り除いてあげる工夫もおすすめです。例えば、髪の分け目をいつも同じにしていると、分け目の部分から薄くなりやすいですよね。分け目は定期的に変えてあげるのも良いでしょう。また、女性の場合にはゴムなどでキツク髪を縛ったりすると、髪が抜けやすくなってしまうこともあります。薄毛が気になりだす年齢に差し掛かったら、そんな些細なことも気遣ってあげたいですね。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!