育毛剤の人気ランキングではいつもトップに君臨する育毛剤として知られているBUBKAと薬用プランテル。どちらも高い効果が期待できる育毛剤ですが、この二つの商品にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

まず、配合されている育毛成分の種類が異なります。BUBKAには32種類、薬用プランテルには10種類入っていますが、抜け毛を予防する作用を持つ成分や、育毛を促進してくれる成分、強く健康な髪の発毛を促してくれる成分などの成長因子系成分は、BUBKAの方が充実しています。まずは薬用プランテルを使ってみて、効果がなければBUBKAを使ってみるという人も多いようですね。

 

どんなタイプの薄毛や抜け毛七日によって商品選びが異なる点も注目したいものです。頭皮全体が薄くなっていたり、大きく円形脱毛症などの症状が起きている場合には、より確実な効果が期待できるBUBKAがおすすめですが、おでこの生え際から少しずつ髪が後退しているような場合には、薬用プランテルを選ぶ人が多いようです。

 

これは、薬用プランテルに配合されているセンブリエキスやヒオウギ抽出液の作用が髪の後退をストップしてくれる大きな働きがあるためなのですが、BUBKAにもこの二つの成分は入っているので、生え際後退だから薬用プランテルでなければいけないというわけではありません。

 

このように考えると、BUBKAの方が薬用プランテルよりも配合されている成分の数も種類も多いですし、幅広く発毛や育毛を促進しているような気がしますが、どうして最初からBUBKAを選ばない人も多いのでしょうか?

 

その理由は、ずばり、価格にあります。薬用ブランテルもBUBKAもネットで通常購入と定期購入のどちらも利用することができますが、薬用ブランテルの定期購入が6980円なのに対し、BUBKAは定期購入を利用しても通常価格は11664円もかかってしまいます。

 

つまり、BUBKAはたくさんの成分が入っていて効果も期待できるけれど、価格が高いというデメリットがあるわけなのです。そのため、まずは薬用プランテルを試してみて、それで満足できる効果があればプランテルを続ければよいし、プランテルで満足できる効果が実感できない場合には値段は高くなりますがBUBKAに挑戦するという人が多いようです。

 

濃密育毛剤BUBKA公式サイトはこちら

 

薬用プランテル公式サイトはこちら