育毛剤に配合されている成分には、西洋医学で認められた成分がギュッと高濃度に凝縮されているものもあれば、東洋医学で認められている漢方系成分が入っているものもあります。どちらが自分の頭皮にあっているのかは実際に使ってみなければ分かりませんが、慢性的な薄毛や抜け毛で悩んでいる人なら、多方向からアプローチできる複数の育毛剤を使ってみることをおすすめします。

 

まず、Deeper3Dは西洋医学の世界で確実な発毛効果や育毛効果が認められた成分がたくさん入っています。例えば成長因子にはKGFやIGFなど、毛髪の生成に必要な成分の分泌や生成を促進してくれるグロースファクターが入っていますが、これらの成分は再生医療にも用いられている優秀な成分なので、確実な効果が期待できます。

 

また、育毛医薬品成分としては大きな作用を持っているキャピキシルと言う成分もたっぷり配合されているので、どんな原因で薄毛や抜け毛になった人でも、多方向からアプローチすることによって確実な育毛効果と発毛効果が期待できます。

 

一方、生薬WAKAは、東洋医学で認められた漢方成分がたっぷりバランスよく配合されている育毛剤です。水を一滴も使っていない育毛剤で、使用感はトロトロ。入っている成分はオタネニンジンや冬虫夏草、ヨモギ、甘草、センブリ、セイヨウハッカ、マンネンロウ、マンネンタケなど優秀なものが厳選されていて、バランスよく配合されています。

 

漢方成分は薄毛や抜け毛の原因を突き止めて改善するというものではなく、頭皮環境を改善することによって、髪が自分で生えて伸びやすい環境を作ることができます。そのため、頭皮環境を根本的な部分で改善できるので、ある一定期間使って体質が改善されれば、使用をやめてもそのまま効果を維持することも十分に可能なのです。

 

西洋医学成分も東洋医学成分も、どちらも大きな発毛効果や育毛効果が期待できます。どちらも、1回や2回の使用で劇的な効果を実感できるというわけではなく、少なくても半年〜1年ぐらいは継続して使用することがおススメ。根気よく続けることで、髪が自然にフサフサを取り戻すことができます。

 

Deeper3D 公式サイトはコチラ

 

生薬WAKA公式サイトはこちら