男性よりもずっと深刻な女性の薄毛。女性だと男性のようにスポーツ刈りや坊主、またはスキンヘッドのように潔いヘアスタイルにすることができませんから、薄毛との向き合い方も男性とは異なります。女性は、髪が薄くなってくるとショートヘアにするかロングヘアにするのか悩む人も多いのですが、実はロングヘアよりもショートヘアのほうが薄毛を上手にカバーすることができます。

 

女性の薄毛をカバーできるヘアスタイルのポイントは、「ボリューム」。極端に言うなら、都会的なストレートヘアよりも、サザエさんのようにフンワリパーマがかかっている髪型のほうが、薄毛をカバーして目立たなくすることができます。すでに髪が薄くなってしまっているところにパーマをかけることについては、不安や恐怖もあると思います。薄毛の毛根に負担をかけることなくパーマをかけれるような技術を持っている美容室を選ぶことも大切ですね。

 

また、ヘアカットの方法によって、薄毛をカバーできるだけでなく、育毛効果が期待できることもあるのだとか。髪は長くなればなるほど、重さによって頭皮付近のボリュームは出にくくなります。これは重力の法則なので、健康な人でも薄毛が気になる人でも同じ。薄毛が気になる場合には、頭皮に近い部分にボリュームが出るようなヘアスタイルにカットするのもおすすめです。

 

セミロングにカットしてもらう時でも、ボブのようにレイヤーが全く入っていないヘアスタイルでは、頭皮の付近のボリュームのなさが目立ってしまいます。トップや顔回りにレイヤーを入れることによって、髪に立ち上がりができるので、薄毛も目立たなくなります。どんなヘアスタイルが良いのかは、美容室の人と相談してみてくださいね。自分自身の髪質や、薄毛が気になる部分、顔の形などによって、自分にピッタリの髪型を見つけることができるはずです。

 

女性の薄毛で気を付けたい点は、女性の場合には、その原因はほとんど、体の内側にあることが多いという点です。仕事や人間関係でのストレスが薄毛を引き起こしてしまうこともありますし、慢性的な疲れや偏った食生活によってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因になることも。薄毛をヘアスタイルだけでカバーするのではなく、できるだけ原因を取り除くように工夫したり生活習慣を改善することもおすすめです。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!