薄毛やハゲは老化現象の一つ。男性でも女性でも、年齢とともに遅かれ早かれ、髪のトラブルも現れてきます。しかし、最近では薄毛やハゲなどとは無縁に思える年齢の人、男性はもちろん女性でも、薄毛や脱毛症などのトラブルで悩まされる人が多くなっています。とくに若い女性にとっては、薄毛ってショックですよね。若い女性が薄毛になってしまうのは、どのような原因があるのでしょうか?

 

■ダイエット ダイエットは万病のもと。体のあらゆるところにトラブルを引き起こす可能性が高いものです。ダイエットにもいろいろな種類がありますが、栄養バランスが偏るダイエットや、断食など極端なダイエットをしていると、体内で髪を作るたんぱく質が不足しやすくなってしまいます。不足していると髪を作ることができないので、薄毛になりやすくなってしまいます。

 

■間違ったヘアケア シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどを間違った使い方をしていると、髪や頭皮に大きな負担を与えてしまうだけでなく、薄毛の原因にもなります。頭皮という肌は、賛成に傾くとバクテリアが繁殖しやすくなったり、分泌された皮脂が酸化しやすくなってニオイの原因になるなど、あまり良いことはありません。その為、シャンプーなどは頭皮を弱酸性の状態や弱アルカリ性の状態にキープできるようなものが優秀だと言われています。

 

しかし、頭皮にとってはプラスになるものでも、髪にとってはマイナスになってしまうこともあります。髪はアルカリ性にとても弱く、ヘアケア製品に含まれているアルカリ成分によって表面が削り取られ、細くなってしまいます。シャンプーをきちんと洗い流さない人は、髪に残ったアルカリ成分によって髪が少しずつ削られて細くなり、そのうち薄毛や脱毛症のトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

■毛根への刺激 パーマやヘアカラーなどは、強力な化学薬品を使って髪の根元から強烈な刺激を与えてしまいます。そうした行為を何度も繰り返しているうちに、毛根は少しずつダメージが蓄積されて抜けやすくなってしまいます。パーマやヘアカラーは、できるだけ頻度を開けて行うようにしましょう。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!