女性の薄毛が増えていると言われています。女性の薄毛はホルモンバランスが崩れていることや、慢性的なストレスや疲労が原因となっていることも多いのですが、極端なダイエットによって体内の栄養バランスが崩れてしまうことによっても髪に薄毛や脱毛症などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

それだけではありません。市販のシャンプーが女性の薄毛を引き起こしていることもあります。

 

市販のシャンプーは、髪を洗うテクニックがあまりない人でも、できるだけ汚れを落とせるように、洗浄力が強力になっているものが多いようです。また、シャンプーをした後にサッパリと爽快感を得ることができるものは人気が高いため、女性用のシャンプーでも、さっぱり感の強いものが主流となっています。シャンプー後のさっぱり感は、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまっていることも 多く、それによって頭皮や髪が必要としている成分が不足してしまうことにもつながります。

 

市販のシャンプーが原因で薄毛になる場合には、ある日突然髪が少なくなったり、薄くなったりするというわけではありません。毎日の生活の中で少しずつ薄毛の兆候がいられて進行していくので、ポイントを押さえておけば薄毛がスタートする前にキャッチして、薄毛をストップすることができます。

 

その一つが、癖毛。癖毛は生まれつき持っている人もいますが、生活習慣や食生活によって癖毛が強くなったりマイルドになったりすることも少なくありません。もともとの髪がストレートな人でも癖毛の人でも、今までよりもクセが強くなったなと感じたり、髪が波打つような症状を感じたら、もしかしたらそれは薄毛の兆候かもしれません。生活習慣や食生活を出来るだけ改善したり、ストレスや疲れを慢性的に蓄積してしまわないように工夫することで、薄毛を予防できます。

 

また、癖毛ではありませんが、枝毛も薄毛の兆候になることがあります。健康な髪は毛先が避けてしまうことはなく、枝毛ができるのは髪の繊維がダメージを受けているということ。キューティクルが薄い人は特に、ちょっとしたダメージや摩擦によって枝毛になりや少なるので注意しなければいけません。

 

枝毛が進行すると、ダメージを受けた毛先周辺に栄養が行き渡りにくくなり、そこから髪全体へのダメージへとつながってしまいます。枝毛は放置せずにカットしたりトリートメントで修繕するなどしましょう。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!