女性の抜け毛は、冬よりも夏に多くなると言われています。なぜだかわかりますか?

 

私たちの体は、外の空気が変わっても体温は一定に保てるように作られています。体温調節の働きをするのは、汗。毛穴から汗を出すことによって、体温が高くなりすぎることを防いでくれるのです。しかし、普段から冷暖房が完備された環境の中で過ごしていると、人間が本来持っている機能が低下してしまい、汗をかきにくい体質になってしまいます。暑くても汗をかかないことは、メイクが崩れにくいというメリットもありますが、体温調整ができないために、体の熱は体内で上昇し、最終的には最も高い位置にある頭皮へ登ってしまいます。

 

頭皮の温度が高くなると、皮膚は高温多湿な状態となってしまい、髪が生えるという点においては頭皮環境が劣悪になってしまいます。ちょっとした原因でも薄毛や抜け毛が一気に進行しやすくなってしまうのです。

 

夏という季節は、 十分に汗をかく人にとっても薄毛や抜け毛など神のトラブルが起こりやすい季節です。これは、夏になると紫外線が強くなるので頭皮が乾燥しやすくなりますし、気温も高くなるので髪で覆われている頭皮はムシムシした高温多湿の状態になってしまうため。ただでさえそういう状況になりやすいうえに、汗をかかない体質になってしまっていれば、それはまさに、髪にとっては薄毛地獄へまっしぐらというわけです。

 

夏の抜け毛や薄毛を予防するためには、暑いときには汗をかく体質を取り戻すことが大切。いつも冷房の効いた快適な部屋の中ばかりで生活するのではなく、夜にはエアコンを止めて窓を開け、たくさん水を飲んでしっかり汗をかく習慣をつけるのも良いでしょう。

 

また、夏という季節が頭皮にダメージを与えないように阻止することも必要です。髪におおわれていると油断しがちですが、頭皮も紫外線を浴びれば日焼けをします。そうならないように、外出するときには帽子をかぶるようにしましょう。髪があるからと言って油断してはいけませんよ。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!