女性の更年期は、それまで主流だった女性ホルモンの分泌が急激に減少すると同時に男性ホルモンが主流となってしまうため、体内では様々な変化が現れるようになります。抜け毛や薄毛など、髪や頭皮に関するトラブルも、更年期には良く起きるようですね。そもそも更年期とは50歳ぐらいで閉経するとしたら、前後5年間ぐらいずつ、つまり45歳から55歳ぐらいまでと言われています。

 

しかし、閉経の年齢は人によって異なりますし、更年期の症状にも個人差があります。同い年の友人が更年期だからと言って自分も同じ症状が出るというわけではありませんし、逆に、まだ更年期の年齢ではないと思っていても、人よりも早く抜け毛や薄毛などの症状が現れることもあるので注意しなければいけません。

 

女性ホルモンには、髪の成長期を長くしたり、髪をより長く育毛するなどの働きをしています。それまでは髪にとってメイン成分として機能していた女性ホルモンが更年期によって少なくなると、体内で代用の成分を見つけられるまでは、女性ホルモンが不足している状態のまま、何とか髪のサイクルを維持しようと体が働きます。しかし、更年期には待てど暮らせど女性ホルモンが補充されるというわけではありませんから、薄毛や抜け毛がどんどん進行してしまうことになります。

 

更年期は誰にでも起きる老化現象なので、それを止めることや回避することはできません。しかし、更年期が来ることはあらかじめ分かっているのですから、体内に更年期による抜け毛や薄毛のダメージを最小限に抑えるための工夫を普段から行いたいですね。

 

おすすめなのは、イソフラボンを積極的に摂取するという方法です。納豆や黄粉、味噌などに含まれているイソフラボンは、体内に入ると女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。毎日の生活の中で積極的に食べたい食品にするとよいでしょう。

 

また、頭皮の血行を良くすることで、頭皮細胞や毛髪細胞に少しでも多くの酸素や栄養成分を送り届けられる頭皮環境を作ることもおすすめです。頭皮マッサージは普段のシャンプータイムを利用して行うのも良いですし、美容院ではプロのヘッドスパを受けるのもおすすめです。血行が良くなれば、薄毛や抜け毛が減少するだけでなく、白髪にもなりにくくなります。

 

お買い得な育毛剤をアマゾンで探す!

 

育毛剤 当サイト人気ランキングを見る!